はっぴ

お祭りにも応援にも活用できる激安はっぴで仲間達と繋がろう

● SITE MAP ●

● おすすめ記事 ●

法被と半纏の歴史とは

たこ焼きを食べる男の子

皆さんは法被と半纏の違いが具体的に何かを知っていますか?最近ではほとんど同じものとして捉えられていますが、この2つは全くの別物です。今回はこの法被と半纏の違いについていくつかの観点から紹介しようと思います。実は日本で行われるお祭りのためにお店に注文して作ってもらっているものは、厳密に言えば法被ではなく半纏を指します。先に出たのは半纏ではなく法被です。これは歴史を遡って話さなければなりません。
まず、最初に法被が作られたのは江戸時代の初期ごろと言われています。当時はどのような人々が着ていたのかというと、武家が家紋を染め抜いたものを着ていました。これが農民の間でもかっこいいと話題になっていました。ですが、義務教育で学んだように江戸時代の身分秩序は非常に厳しく、簡単に言えば農民は農民らしくということで法被を着ることは許されていませんでした。
そこで出てきたのが半纏です。ここで違いがわかると思います。まず法被と半纏は生まれた時に着ていた人々の身分が違います。法被は襟を返したものとなっていましたが、半纏は襟を返すことなく、また素材も法被のものとは違ったようなのです。現代においてその呼び名が曖昧になってしまったのは、オーダーメイドなどで法被と半纏を購入する機会が増え、とても手軽なものになったからであろうと考えられています。

TOP